アラフィフ男子のランニングダイアリー

目指せサブ3.5! 1970年生まれのオッサンランナー。ランニング主体の日々のトレーニング、レース結果、Garminなどを日々つらつらと記していきます。

パークらん昭和記念公園30㌔撃沈しました!

f:id:nakotorama:20190119150705j:image

 

いろいろ言い訳したかったのだが、言い訳が見つからないほど万全のコンディションで(^^;;

心配だった腸脛靭帯も痛む事なかったし。

 

天気も寒くなく、

シンプルにランパン、ランT、アームカバーでの出走が吉とでる、

ハズだったわけで。

 

f:id:nakotorama:20190119151121j:image 

 

ご覧のとおり24㌔過ぎからは、走ったり歩いたり。

 

レースで歩いたのは初めての経験なので、

我ながらショックはでかい。。

 

目標は㌔5分のイーブンで走り切ること。

 

言い訳が見つからないのでいくつか反省材料を。

 

———————

1. ペースをしっかり守る

———————

入りからし

4’42

4’48

4’44

4’53

4’55

のオーバーペース。

もちろん自分でもこのオーバーペースは認識してたけど、

ペーサーさんが形成する集団と一緒に走るのが楽しくてなんとなくついて行ってしまった。

心拍計もこの5キロでほぼMax!

 

静岡では周りに流されることなく、

抑えめで入ろうと誓う。

———————

2. 上り下り対策

———————

11月は255㌔

12月は256㌔

1月は19日現在で173㌔

と、距離だけは十分稼げてるのだが、

そのほとんどがほぼフラットな河川敷。

今日の周回コースも、そんなに激しいアップダウンがあるわけではないが、それでも地味にダメージを受けた。

f:id:nakotorama:20190119180942j:image

特に下りはキツかった😭

 

対策として上り練習を取り入れようと思うが、下りの練習はいまのワタシにはリスクでしかないので、うーん。どうしよう。

痩せるか。

———————

3. ペースを落として落ち着かせる

———————

24㌔まではペーサーさんが形成する10人くらいの集団にまじって走っていたのが少しずつ遅れ始めその背中が小さくなったときに、集中力がきれてしまった。

 

残り6㌔、例えばEペースで走ることができなかったか?

粘ってるうちに回復することも十分にありえたのではないか?

目標から落ちた時にこそ、冷静になりたい。

———————

以上が反省。

凄く悔しかったのに、

立川でネギラーメン食べて、銭湯で汗流してからマッサージ椅子でブログ書いてたら、それはそれでいい一日にだったなぁ、ってね。

 

このマイペースさが速くならない一番の理由かも(^^;;