アラフィフ男子のランニングダイアリー

目指せサブ3.5! 1970年生まれのオッサンランナー。ランニング主体の日々のトレーニング、レース結果、Garminなどを日々つらつらと記していきます。

LSD走ついて考えてみた

f:id:nakotorama:20180402172704j:plain

昨日の日曜日。終日フリーの予定だったので久しぶりに距離を踏む練習をしようと画策。

したら妻が突然、「墓参りに行くぞ」と申しまして。

私の祖父母の眠る墓なので、そう言ってくれるのは大変ありがたく。

ご先祖様は大事ですが、同時に私は長い距離も走りたいわけで。

「なら墓から走って帰ってくれば」と妻。

GOOD提案です。その墓まで我が家から車で40分程度、距離を測ってみると13㌔。

ふむふむ。

遠回りしながら我が家に戻ればそれなりの距離になりそうだし、未知のコースを走るのもよかろうと即決。ランニングウエアに着替えて車に乗り込み、いざ、お墓参りへ。

諸々のお願いと感謝とご挨拶を祖先様にしてから、妻は車で、私はランニングで帰路へ。

小金井公園→野川沿い歩道→野川公園調布飛行場→味スタ→稲城大橋多摩川沿い遊歩道→甲州街道の高架下で折り返して是政橋でゴール。

振り返ってみればどこも桜の名所。

およそ30㌔の気持ち良いランニングでした。

 

ここまで書いてはて、この練習をなんと呼ぶかに迷うわけで。

僕のランニングスケジュールには「LSD」と記されてますが、これってLSDなのでしょうか?

30㌔はLongですかね?

6分/㌔はSlowですか?

30㌔のペースランだってあるし、同じペースのJogだってやるし。

 

改めてLSDの定義を探ってみると、

Long Slow Distance - Wikipedia

 

要約すると、循環器系の強化と最大酸素摂取量の向上に効果的な有酸素持久力トレーニングの一つ。であると。

気になる「Long」の距離、「Slow」ペース、についての言及はないですね、当たり前といえば当たり前ですが。

そして

よくトレーニングを積んだ人がLSDを行ったとしても、更なる代謝の調整能力を向上させる上では効果的ではないものと考えられている

とあり。

そうなの〜?

今度は「よくトレーニングを積んだ人」の定義が知りたくなりますが、私はどっちなのでしょう?

参照元の記事、後半にはかなり否定的な言説も出てくるし。謎はさらに深まるばかり。色々検索してみてもLSDについての賛否は両論のようでして。

Jogとの違いとして、

  • Jogはその人にとって気持ちのいいペース。常に一定でなくても良い
  • LSDは7~8分/㌔のペースを崩さず走ること

を前提とする意見は多かったですが、そうであれば僕のはJogと呼ぶのが正しいですね。

8分/㌔のペースは体のバランスが取りにくいし、かえって疲れそうだし、何より退屈しちゃうわけで。

 

結局定義は分からないままですが、僕はこれからLSD、改、Jogと呼ぶことに決定したのでよろしく!

 

本日(昨日)のトレーニング

  • Jog30㌔

 

今後もいろんなトレーニングを取り入れてサブフォー目指します!